スタンフォード大学で人気の自己能力を高めるためのマインドフルネスとは?

米・カリフォルニア州にあるスタンフォード大学といえば、ハーバード大、イェール大などと並んで誰もがその名を知る世界の超名門大学だ。そこでは日々、経済学や政治学など幅広い分野でハイレベルな講義が行われている。

そんな中にあって今、マインドフルネスの講義が学生の間で人気を集めているのだという。講師を務めるスティーブン・マーフィ重松さんの著書『スタンフォード大学 マインドフルネス教室』は日本でも話題になっている。

マインドフルネスは世界最高峰の教育の現場に何をもたらしているのだろうか。昨年12月にBMS-R Labで行われた重松さんによるワークショップ「スタンフォード大学で教える自己能力を高めるためのマインドフルネス」の模様をレポートする。

若者を苦しみから解放するためのマインドフルネス

ワークショップの冒頭では、重松さんがなぜスタンフォードでマインドフルネスの講義を行うことになったのか、その講義によって何を目指しているのかが語られた。

重松さんによれば、アメリカでマインドフルネスが流行っているのには、2つの文脈があるという。

一つは、GoogleなどのシリコンバレーのIT企業が、マインドフルネスの持つ生産性やリーダーシップの向上といった企業利益につながる側面に着目したこと。もう一つは、マサチューセッツ大学病院などで実践される、個人の健康を追求するマインドフルネスだ。

しかし、重松さんがマインドフルネスの講義を始めた動機は、そのいずれでもない。「若者の苦しみがこの講義を生んだ」と重松さんは言う。

ハーバード大や東大、スタンフォード大という世界の一流大学で教鞭を執ってきた重松さんは、そこで多くの若者と接してきた。大きな目標と、それを実現するための環境を持った彼らは、一般的には恵まれた存在と見られることが多いが、重松さんの目には彼らが幸せなようには見えなかったそうだ。

彼らが苦しんでいる理由、それは生きる意味が見出せないことによるものだ。「何か大きな目標に向かって頑張ってきた若者が、それが実現した時にふと虚しさを感じてしまうような場面に多く遭遇してきた」と重松さんは言う。

実際、重松さんの息子が通っていたパブリックスクールでも、4人の若者が自殺するという悲しい出来事が起きた。こうした苦しみから若者を解放するために何かできることはないか。そう考えた重松さんが3年前に始めたのが、このマインドフルネスの講義ということになる。

「ハートフルなコミュニティを築くこと」としての教育

「若者は心の教育を求めている。しかし従来の高等教育はこうした若者の望みに応えているとは言えないものだった」と重松さん。というのも、大学の教授たちは「知識や情報を与える人」であることに徹していて、「一人の人間」として学生と接することの必要性を認めてこなかったのだという。

だから重松さんが実現しようとしている教育は、こうした従来のものとは一線を画す。「自分が実現しようとしているのは、ハートフルなコミュニティを築くようなことだ」と重松さんは表現する。

ハートフルなコミュニティとはどういうことだろうか。より具体的に説明するために、重松さんは次の3つのコンセプトを紹介した。

Providing Integrative education.

日本にも総合学習という言葉があるが、人生そのものをIntegrateするような教育ということだ。しかも、educationの語源であるラテン語のeducereにlead out(=引き出す)という意味が込められていることから考えると、その教育は外から与えるようなものではない。人生をより良くするための知恵はその人自身にあらかじめ備わっているという考えに基づき、それを引き出すような教育ということだ。

Making safe space to be vulnerable and shore.

大学には人種やジェンダーなどの違う様々なバックグラウンドを持った学生が集まる。そうした学生たちがお互いを認め合うためには、教育の現場が、一人一人が自分自身の弱さをさらけ出すことができる安全な場所である必要があると重松さんは言う。

Connecting students to each other and to professor.

学生の多くは他の学生と、さらには教授ともつながることを望んでいるという。しかし前述のように「知識や情報を与える」場所としてのみある授業の中では、そうしたことは実現することが難しい。重松さんの講義では、お互いが人と人ととしてつながれることも意識しているそうだ。

そして、こうしたことを実現するためのベースとして、マインドフルネスがある。

マインドフルであるとはどういうことか?

マインドフルとはどういうことかを説明するのに、重松さんは犬の散歩の例を挙げる。

人間は犬と一緒に散歩をしている間も、過去のことを後悔したり、未来のことを心配したりして頭がいっぱいで、心ここにあらずの状態になる。これはマインドフルではなく、マインドがフル(いっぱい)な状態だと重松さんは言う。

一方で犬はというと、そんな飼い主の心配事などお構いなしに、目の前のことに集中しているように見える。このように「今この瞬間」に自分の注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることが、目指すマインドフルな状態ということになる。

マインドフルネスについてさらによく理解するために、重松さんは「マインドフルネスのABC」として、次の3つの要素を紹介する。

Awareness(気付き)

自分が考えていること、感じていることをもっと意識できるようになること。自分の心や体の中で起きていること、自分の思い、感情、感覚を認識すること

Being(存在すること)

価値判断や自己批判、そして何かを絶えずしていなければならないという考えを一時的にやめて、ただ自分の経験とともにあること

Clarity(明瞭さ)

なんであれ自分の生活で起こりつつあることに注意を向けて、はっきりと眺めること。自分が望むようにではなく、あるがままに物事を見ること

マインドフルになることにより、自己認識や自己理解が高まり、他者の感情や思考に気付いたり、他者への思いやりが深まったりする効果が期待できると重松さんは言う。そして、そうなるための手段としてマインドフルネス瞑想がある。

学ぶとは体験することである

ワークショップではこうした効果を体感するために、まず参加者同士が挨拶をし合うワークを行い、続いてマインドフルネス瞑想、そして再び挨拶のワークをして、瞑想の前後で感じ方がどう変わったかを話し合った。

重松さんは、アルベルト・アインシュタインの”Learning is experience; everything else is just information”という言葉を引き、「今や情報はインターネットで簡単に得られる時代。情報自体に価値はない」と体験することの重要性を訴える。実際、スタンフォードでの講義は専用の講堂での瞑想に始まり、こうした体験に多くの時間を割くのだそうだ。

ワークショップ後半ではさらに、自分自身についての考えを深めるための2つの問いを用いたワークも行った。

投げかけられた問いは、「あなたは誰?」、そして「あなたはなぜここにいるのか?」というものだ。前者の問いを考えるにあたっては、映画『Anger Management(邦題:N.Y.式ハッピー・セラピー)』の中の次のシーンが紹介された。

https://www.youtube.com/watch?v=M-GV46SUcWs

ここで尋ねられているのは、自分が所属する会社のことでも、そこでのポジションのことでもない。そういったものを取り払った、本当の自分とは何かを突き詰めて考えることを迫られている。

ワークショップでは、そうやって考えた答えを各自が紙に書き、それを発表し合うということを行った。先ほど紹介した「ABC」に照らせば、価値判断や評価をすることなく、ただ淡々と発表していたことにも、重要な意味があるだろう。

自分が変われば世界は変わる

以上のようなプロセスを通じて、自分の弱い部分も含めてあるがままに見、それを受け入れることができれば、何か特別なことをせずとも自然と自分を変えることができると重松さんは言う。

そして、マハトマ・ガンジーが”If we could change ourselves, the world would also change.”と語ったように、自分が変わりさえすれば、社会や世界の見え方も変わっていくという。

重松さんの講義では普段、マインドフルであることに加えて、VulnerabilityとAppreciationという2つの要素についても大切にしている。Vulnerabilityは日本語でいうところの「弱さ」あるいは「Beginer’s Mind=初心者の心」、Appreciationは「感謝」あるいは「一期一会」を意味するそうだ。

これはもちろん、講義の中でだけ重要ということではないだろう。この3つを持って生きることがすなわち人生をより良くすることにつながるというのが、重松さんの主張だ。

最後に重松さんは「今日という日はどこにでもある日ではなく、今この瞬間にしかない。毎日それが最初の日であり最後の日だと思って過ごすことができたら、より良く生きられるのではないか」とメッセージを贈り、ワークショップを締めくくった。

text by Atsuo Suzuki

information

スタンフォード大学教授、スティーブン・マーフィ重松氏が6月に再来日!

今回はキャリアに重点を置いた「マインドフル・キャリア~集中2日間ワークショップ~」を6月3日(土) & 4日(日) に開催いたします。

このワークショップでは、マインドフルネスを通して自分の本質や人生の目的に合った仕事の見つけ方や、ワークライフの中で直面する様々な問題や悩みを解決する実用的なツールを学ぶことが出来ます。あなたの意識、方向性、働き方を変え、充実したワークライフと成功を手に入れてください!

お申込み・お問い合わせはこちらから: http://www.bodymindspiritresearchlab.com/shigematsu.html

℡:03-6409-6504

Email:info@bodymindspiritresearchlab.com