多文化社会オーストラリアの地で気付いた「他の誰でもない自分だけの健康」ヨガ/ボディワーク 通訳・イタクラアヤさんに聞く

ヨガが盛んなオーストラリア。そこでヨガインストラクターであり、レメディアル・マッサージをしているイタクラさんが、このたび帰国された。高校時代に、足の怪我でヨガに出会い、日本から海外へ羽ばたいた今もなお、ヨガの可能性、あるがままの自分を探求し続けている。そんなイタクラさんのシドニーでの生活・オーストラリア文化をテーマに話を聞いた

自分と他人の心地よいところが違っていいんだと認められるように

―最初にイタクラさんご自身とヨガの出会いについて教えてください。

一番はじめにヨガと出会ったのは18歳の頃でした。

高校の部活動で、ボート競技をやっていたのですが、トレーニングをし過ぎて、足を怪我してしまいました。立ったり歩いたりするのも辛い、筋膜炎になってしまったんです。

でも大会が近かったので、どうにか体を動かして体力を維持したいと思った時に、鍼治療をやりつつ、ストレッチの真似事として、地域の運動施設に入っていたヨガ教室に行ってみたのがきっかけです。

若かったこともあり、足の調子が回復して、忙しくなった頃には、一旦ヨガから離れてしまったんですが、大学在学中に、1年間アメリカ交換留学をしていた時に、クラブ活動のひとつにヨガがあることを知りました。ヨガは以前にやったことがあって馴染みがあるし、授業以外の活動もしたくて、再びヨガを始めました。

当時は、言葉が自由に通じない不自由さ、勉強のストレスを抱えていたんですが、ヨガを通して人間関係が作りやすく、交友関係が広がりましたね。帰国後の大学四年生の時にRYT200の資格を取りました。でも実は、ヨガよりもピラティスの指導を先に始めたんです。2006年、フィットネスクラブでアルバイトをしていた時、日本初上陸の「グラビティ・ピラティス」という研修に参加させていただきました。ピラティスのリフォーマーを傾斜できて、ピラティスも筋トレも行えるマシンプログラムなんですが、強度を大きく変化させられるので、一般の方からアスリートまで幅広く対応でき、とても面白かったです。この研修で、アメリカから来日していたトレーナーの話し方や表情を臨場感たっぷりに通訳してくれる、フィットネス通訳という職に初めて出会ったんです。正確な日本語訳以上に、聞く側を惹きつける表現・伝え方に大きな衝撃を受けた研修でした。通訳の方を心からカッコイイと思った忘れられない研修となりました。

―「グラビティ・ピラティス」とは重力という意味ですよね。効果は感じられましたか?

はい筋力強化という面においては、すぐに効果を感じていました。ただし、片足を上げる一つの動作でも、ピラティスで重要な、使うべきインナーを分離して動くという、本当のピラティスの効果を実感できたのは、半年後くらいのことでした。

―身体を動かすのがお好きなんですね。その中でもヨガにハマった理由とは?

進学校での勉強と100分の1秒を競うボート競技で、外側にある正解を求めたり、競争がベースの世界に暮らしていたからでしょうか。リハビリでヨガをし始めた時に、ヨガの先生から「自分にとって気持ち良いところまで伸ばしましょう」と言われたんですが、どう動いたらいいのか、自分は間違っていないかと必死に先生のポーズの見た目を真似ていました。何度かヨガに通った後、自分にとっての気持ちよさを感じはじめ、自分にとっての心地良いところと他人のそれが違っていいんだと気づき始めます。思春期にヨガに出会ったというのも、身体的回復だけでなく、いろんな面で心の開放につながったのではないかと思います。「自分が自分らしくあるため」のひとつの助けになったのでしょう。アメリカ留学中も、勉強のストレスがかかっている時に、自分が気持ちいいところに戻る、馴染みある感覚に戻る安心感から、ヨガにハマっていったように思います。

オーストラリアの人はスポーツを日常に楽しんでいる!そのコンディショニング法がヨガだった

―ヨガ通訳で世界中を回られて、ヨガの印象は変わりますか?各国や文化の特色等あれば教えてください。

土地によって違いますよ。日本は美容やダイエットを軸に、ホットヨガの広がりを強く感じます。オーストラリアはフィットネス・スポーツとしてのヨガが浸透しています。男性率も高いし、ランチタイムや早朝には、あちこちの公園で、ヨガやクロスフィットネス、筋トレを行う姿が見られます。オーストラリアは自転車・マラソン・トライアスロン・サーフィンとアウトドアスポーツがとても盛んで、プロから一般人まで、スポーツを気軽に、日常的に楽しんでいます。大会や日々の練習のコンディショニングに、ヨガを取り入れていますね。

―日本とオーストラリアを比べても、随分違いますね。この違いは、国民性の違いでしょうか?

一般のフィットネス人口が多いと思います。運動することが特別なことではないし、フィットネス=スポーツクラブに行くこと、ではないですね。シドニーでは、道を走るマラソンランナーも多いし、サイクリストがとても多いです。日本とは違い、自転車は車道を走ります。週末は自転車でフル装備した人がたくさん走っていたり、もともと運動する人がとても多いので、自分がやりたいスポーツのためのコンディショニングとして、会社に行く前やランチタイム、就業後にトレーニングをする人が多いんです。日本のように長時間残業をする文化はないので、家族が一番、自分の生活があってこその仕事という考え方が強いですね。

―オーストラリアの男性ヨガ人口はどれ位の割合ですか。

私のクラスでは、男性は3割位(30,40代~60代)です。女性が圧倒的に多い日本のヨガよりも、性別や年齢に関わらず、ヨガを生活に取り入れています。パートナーや子供と一緒に参加したり、家族でヨガスタジオに通っている男性も結構います。

―シドニーではどんなヨガを指導していますか?

クラスにはオーストラリア人だけでなく、アジア人もヨーロッパ系の方も様々な骨格の生徒さんが参加します。彼らの文化に「No worries!(心配ないよ)」という言葉があるように、彼らは細かなアライメントをあまり気にしません。フロースタイル、もしくは、ヴィンヤサヨガが人気です。しかし母国語ではない英語で、途切れのないフロークラスを指導するのは、とても難しいのが正直なところです。その代わり、様々な海外講師のヨガ通訳で得たエッセンスを抽出して、怪我を予防する最低限のアライメントポイントを織り交ぜながらクラスをしています。自分ができることに集中するしかありません。日本で指導した時よりも指導が相当シンプルになっていますね。それでもローカルの人にはアライメントをベースにしたヨガに初めて出会えた人も多く、「こんなに細かくポーズを分解して教えてもらったことはない」「Ayaのスタイルはステップごとにポーズをするので安全に感じる」というコメントをよくもらいます。

―オーストラリアの医療制度について教えてください。

必ずGPという全般的な医者(町医者)が診断して、必要に応じて専門医を紹介してくれます。専門医の予約を直接個人が取ることはできません。

―日本の大学病院等の紹介状に近い考え方ですね。アメリカのカリフォルニア州ではピラティススタジオと併設されている病院が徐々に増えてきているそうですが、オーストラリアではどうでしょうか。

オーストラリアにも、病院の近くにスポーツ施設やマッサージクリニックがあります。医者だけでなく、臨床運動指導士、理学療法士、オステオパシー(整体)、リメディアル・マッサージ、栄養士などの専門家のネットワークを活かして、チーム体制で患者さんを診ています。私が勤務しているマッサージクリニックも、理学療法士と共同で運営をされています。

―‶自然療法大国″のオーストラリアで人気のある「リメディアル・マッサージ」について教えてください。

「人気」ではなく、必要だから日常に根付いているという感じです。先ほどもご紹介しましたが、オーストラリアはラグビー・自転車・マラソン・トライアスロン・サーフィンとアウトドアスポーツが盛んで、プロから一般人まで、スポーツを気軽に、日常的に楽しんでいます。大会や日々のコンディショニングに定期的にマッサージを取り入れている方も多くいます。

―スポーツが、コンディショニングが、ライフスタイルになっているということですね。「リメディアル・マッサージ」は、普通のマッサージと何が違うのですか?

「リメディー」とは英語で治すという意味。特定の手技を指すといいよりも、目の前のクライアントの症状に応じて、スタイルを選びながらマッサージしていく全般的なマッサージを指します。より具体的にいうと、リラクゼーションマッサージ以外の、筋膜リリース、スポーツマッサージ、ディープ・ティシュー・トリガーポイントセラピー、アクティブ・リリース・テクニックなどを大きく括って「リメディアル・マッサージ」と呼ばれています。

―イタクラさんも2年間のリメディアル・マッサージコースを修了されたと伺いました。

はい。ヨガやピラティスをやっていて、運動指導以外の身体のケアにも興味を持っていました。またオーストラリアに住むことを視野に、丸二年かけて国家資格を取得しました。

―住み続けたいほどのオーストラリアの大きな魅力とは?

バランスの良さですね。私が住むシドニーは都市でもあり、10分もあれば大きな公園やビーチがたくさんありますし、自分で動き回れる公共交通(バス、電車)もあります。埼玉県出身の私は、以前は1時間半かけて学校や仕事に通っていましたが、今は移動時間が減り、暮らしやすいです。

「〜すべき」という視点から個人に合わせるという視点へ

―世界的にみて日本は健康であると位置づけされていますが、自然療法は程遠いことも現実です。自然療法・補完代替医療の先進国であるオーストラリアにいらっしゃるイタクラさんだからこそ、いまの日本医療に足りないもの、必要なものをどのようにお考えになりますか。

オーストラリアは多文化社会なので、「みんなに一斉に効くこと」を求めていません。西洋医療にしても、自然療法にしても、自分が信じる療法やメンテナンス方法を自ら選んで、実践しています。一方日本は「〜すべき」や「平均値」という視点が強い気がします。個人に合わせるという視点がさらに広がるといいと思います。

―日本におけるヨガは、まだモデルやタレントのコンディショニングの段階だけれど、シェアを広げるためにどんなことが必要だと思いますか。

日本のヨガは、モデルやタレントさんなど細くてきれいな人がやっているという印象が強いですよね。「いろんな人がヨガを楽しんで良い。きれいな部分以外も存分に見せていく」ことで、ヨガの裾野がさらに広がるのではないでしょうか。例えばですが、体格の大きな人や、シニアの人が自分のできる範囲でやっているヨガをどんどんオープンにしていくのはどうでしょうか。

また、どんな良いことをやっていても社会的インパクトがないと大きな波及効果は生みにくいですよね。私は2013に、行政(大田区)とタイアップして、定年退職の男性限定のヨガ講座をやらせていただました。とっても反響がありました。ヨガの先生がもっと自由に発想して、研究機関や行政、メディアとも協働して、美容やダイエットだけじゃないヨガの文化を創り出せたらもっと楽しくなると思います。

―今後、ヨガを通して、やっていきたいこと、チャレンジしたいことをお聞かせください。

「自分の体を自分で動かして、主体的に元気になっていく自信や喜び」を総合的にシェアしていきたいと思います。

text by Tomoe Eda

イタクラ アヤ
ヨガ・インストラクター(E-RYT500)
ヨガ/ボディワーク通訳

2001年からヨガをはじめ、2006年より指導をはじめる。 2009年より東京・大阪・福岡・オーストラリア・タイ・バリ・ハワイ、上海(6カ国10都市)で、 7社25個の指導者養成コースの通訳やアシスタントに携わる。 現在はオーストラリア・シドニーのHotspot, Yoga Pavilionでレギュラークラスを行っている。

<ウェブサイト>
日本語:http://www.3stepsyoga.com
英語:http://www.3stepsyoga.com/en/