「笑顔は幸せを呼ぶ」は本当か?~フェイスエクササイズが心身に与える影響を紐解く

世は空前の健康ブーム。ヨガやピラティスといった身体全体を扱う定番のものに加えて、最近では顔痩せトレーニングやフェイスヨガなど、「顔」に特化したメソッドも、メディアで取り上げられる機会が増えている。

こうしたフェイストレーニングの多くは、美容やアンチエイジングといった文脈で紹介されるものだ。だが、そこから一歩進んで、顔トレがもたらすメンタルヘルスへの効果に着目しているのが、NPO法人国際ホリスティックフェイス協会代表理事の岡本るみ子さんだ。

岡本さんは、英国予防医学機関・英国健康運動指導士協会認定のフェイスエクササイズスーパートレーナーの資格を、日本人として初めて取得。筑波大学大学院で自ら研究を続けながら、確かなエビデンスに基づいた顔の筋肉のセルフケアメソッドを、日本に普及させようと活動している。

「笑う門には福来たる」ということわざもあるように、笑顔が人間の幸福感と関係しているという考え方は、昔からあるものだ。では実際に、表情と心の健康との間には、どのような関係があるのか。

そして今、なぜ「顔」なのか。岡本さんに話を聞いた。

精神の健康を増進する、呼吸とリズミカル運動のコンビネーション

英国の研究機関によれば、身体と比べてこんなに小さい顔の中にも、全部で57種類、表情表出に関係する表情筋に限っても、20種類の筋肉があることが分かっています。鍛えないと衰えていくのは、身体の筋肉と同じ。筋肉が衰えれば、表情は乏しくなっていきます。

日常生活で使われる顔の筋肉は全体の20~30%に過ぎないと言われていますから、意識して動かさないと、自然と衰えていってしまいます。

また、身体の筋肉は骨と骨とに繋がっていますが、表情を表出する表情筋には、一方は骨、もう一方は皮膚や筋肉に繋がる「皮筋」という特徴があります。つまり、身体の筋肉に比べて骨による支えが少ない分、身体の筋肉以上に衰えやすいと言えるのです。

顔のトレーニングが必要なのはそのためですが、顔の筋肉は身体の筋肉と比べて繊細なので、正しい方法でケアしなければ皮膚を傷めかねません。運動する前には十分に筋肉をほぐし、内部温度を高める必要があります。テレビなどで紹介されている激しすぎる運動も、皮膚を傷つけてしまうので注意が必要です。

そのため当協会のプログラムは、経穴指圧、フェイスリフトマッサージ、表情筋トレーニング、フェイスヨガを組み合わせた総合的な内容にこだわっています。繊細な構造をした顔の筋肉を動かすのには、スポーツをする前の準備体操以上に十分に準備をしてあげる必要がありますし、一つ一つの動きも、他のメソッドを経験した人からは驚かれることもあるほど小さな動きです。

単になまった筋肉を鍛えて、シワのない顔を作ったり、表情を豊かにしたりすることだけが目的ではありません。その先に、メンタルヘルスへのポジティブな効果があることが研究から明らかになってきています。カナダの脳神経外科医ペン・フィールド博士の脳の地図からも読み取れるように、顔の運動による高次脳機能への影響は無限の可能性を秘めていると私は考えています。

なぜ表情筋のトレーニングがメンタルヘルスにも効果があると言えるのか。それは、丹田腹式呼吸とリズミカルな運動を組み合わて行うものだからです。経穴の指圧やフェイスヨガは、常に息を吐いているときにポーズをとります。この点が、他のメソッドと最も異なるところです。

丹田腹式呼吸が唯一、自分の意志で自律神経を整える有効な手段であることは、すでに広く知られていますね。さらに、そこにリズミカルな運動を組み合わせることで、心身の安らぎに関与するといわれるセロトニン神経を活性化することができるのです。

この辺りは、常に呼吸をしながら動くピラティスがメンタルヘルスに効果的だということと、通じるところがあるのではないでしょうか。

「仕事の顔」が現代人から心身の健康を奪っている

生活習慣病は現代社会がもたらした病です。今日、表情についてトラブルを抱えている現代人が増加しているのも、それと同じ。生活習慣が生んだ必然と言わざるをえません。

誰でも子供の頃は感情を素直に表現します。嬉しかったら無邪気に喜び、悲しかったら泣き、嫌悪や怒りさえも、全て包み隠さず表情に出します。

でも社会人になると、仕事上やむを得ず、自然な表情表出が減少します。そのため、筋肉は急速に衰えてしまうのです。

仕事の内容による影響も大きいでしょう。例えば、長距離ドライバーなど、コミュニケーションの機会が少なく、無表情でいる時間が長い仕事であれば、すぐに顔の運動不足に陥ってしまいます。

また、仮に表情を作っていたとしても、職業柄、同じ表情ばかりというケースもあるでしょう。これも良くありません。ずっと片腕だけ使う仕事をしていたら、身体のバランスが崩れてしまうのと同じです。

さらに、偽りの表情ばかり作っていると
、精神健康に良くないとする研究もあります。笑顔には本能の笑い、社交的な笑い、緊張緩和の笑いの3種類があるとされますが、このうち健康に一番良いのは、程よい緊張から解放された時の緊張緩和の笑いです。

逆に最も良くないのが、社交上の嘘の笑い。接客業の人はプライベートで悲しいことがあったとしても、笑顔でいることが求められます。表情は作っていても、これではメンタルヘルスに良い影響は与えません。

インターネットが当たり前の世の中になり、Face to Faceのコミュニケーションが減ってきています。表情を作る機会はこれまで以上に減り、そうすると、今までにはなかったような社会問題や病気が生じることも懸念されます。

顔のトレーニングの認知度はまだまだ低い現状ですが、こうした時代背景からも、今後より重要度が増してくるのではないかと思っているんです。

いつでもどこでもできる手軽さ。運動習慣の入り口に

 

なぜ私がここまでフェイスエクササイズの良さを確信しているかと言えば、それはもともと、私自身の問題に端を発しているからです。

20代のころ、フリーアナウンサーとして海外のラジオ局に勤めていた時期がありました。大好きな仕事でしたが、昼夜逆転の生活が続き、自律神経のバランスを崩してしまったんです。人と会いたくなくなり、自然な表情が作れなくなりました。

解決するため、心と表情の関係について自分なりに調べていくうちに、アメリカの心理学者ポール・エクマン博士の研究を知りました。「人は嘘をつくと、必ず表情のどこかに表れるため、嘘を突き通すことは絶対にできない」というような内容でした。

その内容に「表情をここまで科学的に分析できるのか」と驚かされ、学びを深めていく中で辿り着いたのが、英国の予防医学機関が科学的根拠に基づいて体系化した、このフェイスエクササイズでした。

当時、日本には顔の運動について正しく学べる環境がありませんでした。メソッドとしてはあったとしても、どれも確かな理論や科学的根拠に基づいたものではなかった。であれば、自分が正しい顔の運動法を広める役割を担いたいという気持ちで、活動を続けています。

メンタルヘルスという点で言えば、正直なところ、運動するのは顔でなくても構わないんです。それこそピラティスなどは最適でしょう。ただ、身体を動かすには場所や時間、経済的な制約もあります。中には、身体を動かすのが苦手な人だっていますよね。日本には運動無関心層が7割もいるとするデータもあります。

その点、フェイスエクササイズは、いつでもどこでも誰でもできる手軽なものです。その手軽さから、習慣化して続けてくれる人も多いようです。

フェイスエクササイズを通じて、運動嫌いな方が一人でも多く効果や運動の気持ち良さを実感してくれたら、それに越したことはありません。そうやって、運動が苦手な人が身体を動かすようになるための、窓口にもなっていけたらいいですね。

岡本るみ子さんによるフェイスエクササイズ、開催情報

フェイスエクササイズにご興味が湧いた方は、英国予防医学機関・英国健康運動指導士協会認定のエビデンスのある岡本さんのプログラムで、心身が軽くなる効果を是非実感してみてください。

ヘルスリテラシーの高い人が選ぶフェイスエクササイズ
開催日時:2016年9月22日(木・祝) 19:00~20:30
開催場所:BMS R-Lab 東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル5F
詳しくはこちら

顔ツボ&フェイスリフトマッサージワークショップ〜オリジナルアロマオイル
開催日時:2016年11月27日(金) 各18:00~19:30
開催場所:メデュスクール恵比寿 東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル 3階
詳しくはこちら

【2016年大阪コース】 フェイスエクササイズ指導者養成講座
開催日時:2016年10月8,9,10,22日(土日祝) 各10:00~17:00
開催場所:調整中
詳しくはこちら

【2016年東京コース】 フェイスエクササイズ指導者養成講座
開催日時:2016年11月26,27日 12月3,4日(土日) 各10:00~17:00
開催場所:メデュスクール恵比寿 東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル 3階
詳しくはこちら

今回の取材場所「NOHARA BY MIZUNO」のご紹介

 

NOHARA BY MIZUNO
Web Site
東京都渋谷区神宮前6-31-15 マンション31 2F
TEL:03-3409-6507

ミズノプロデュースによるスポーツやファッションを楽しむ人が気軽に集まれる場所として原宿にオープンしたお店、「NOHARA」。

最新のアパレルやシューズなどをチェックできるショップ、
気持ちよく汗を流した後も、メイクしてお出かけできるランニングステーション、
心も体も美しくなれるスタジオ、
ヘルス・コンシャスでハイクオリティなカフェメニュー。

「スポーツリビングルーム」として、
ワクワクする様々なコンテンツをご提供されています。

岡本るみ子さんのレッスンも開催中。詳しくは開催情報をご覧ください。